【あげ妻論】結婚のポイント!夫は家族か男か

 
 
 
わたしが好きな女性はみんなオープンだ✨
 
 
赤裸々に話す。普通に話す。
 
 
 
旦那とやってる?
どうやって断るの?
えー断ってるの?
かわいそう!
えー断らないの?
やりたくはないけどね。
気持ち悪い。
 
 
 
みんなで話すと、自分の当たり前が当たり前じゃない事に気づいたりして面白い。
 
 
 
それでも、夫婦を10年近くやってきてると、旦那が家族にしか見えないから、なかなかそんな気分にならないって声が多い。
 
 
 
旦那は家族にしか見えない。
 
 
 
 
その言葉をきいて、わたしは自分が違うことに改めて気づいた。
 
 
 
 
わたしにとって、夫は男。
男にしか見えない。
家族というより男。
だから、わたしは夫をパパとは呼ばない。
名前で呼ぶ。
 
 
 
夫はバリバリわたしの性の対象だ。
まだまだ欲望が湧く。
 
 
 
 
そう話したら、みんなに驚かれた(笑)
 
 
 
 
その中の1人が教えてくれた。
 
 
 
「なんかね、顔がタイプだとずっと好きでいられるみたいだよー!からだの変化よりも顔は変わりにくいし、毎日見るものだから、顔が好きだと仲良しが多いそうだよー✨」
 
 
 
 
あーー!それ納得!
わたし、夫の顔がめちゃタイプなのだ✨
 
 
 
 
お互いのどこが好きー?という質問に夫婦で
顔!!という私たち。
 
 
 
 
性格じゃあないんだ…とがっかりしてたけど、これが仲良しの秘訣だったとは!!
 
 
 
 
皆さんも、結婚は顔で選びましょう(笑)
 
 
 
顔が好きって、決して格好いいとか、可愛いとかじゃあないの✨
タイプの顔ってことなのよね!
 
 
 
 
 
The following two tabs change content below.
よしこ
★自己紹介★ 【元銀座ホステス算命学鑑定師】 夫は年収4倍upのあげ妻3児の母。 胃ガンサバイバー。 ホステス時代に様々な男と女の姿を見る。 裏方、スカウトと夜の仕事を網羅。 実生活ではダメンズ男と付き合う ドラマやまとなでしこで『美人でも女のピークは27歳』 というセリフで夜の世界を引退。 27歳で結婚。 出産、流産を経て、大人ぜんそく、膣に下垂。 否応なしにからだと向かい合い。 よもぎ蒸しと和みのヨーガで復活!体質改善! 胃がんで覚醒体験。 そこから算命学鑑定で自分の使命を開花させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です