【あげ妻論】自己肯定感の高いブス最強説

好評をいただいていますあげ妻論シリーズ!

お読みくださりありがとうございます✨

 
 

あげ妻論自己肯定感の高いブス最強説 】

 
 

わたしね水商売をやってつくづくわかったことがあるんです。

もてるもてないにね顔はあまり関係ないと。

顔よりももっと重要なものがある。

これがないといくら美人でもダメだ!というもの!!

 
 

それが!

 
 

「自己肯定感」

※自己肯定感・・・自分にOKを出せいろいろな自分を受け入れられる感覚

 
 
 

キャバクラから銀座のクラブに移動したらね明らかに顔がイマイチの人がいる。失礼な言い方でごめんなさい💦(自分は棚に上げて書いてます!)

 
 

銀座の顔がイマイチなホステスは新宿のキャバクラでは働けないだろうと思った。スカウトはされないだろうな、と。

だけど、だけど彼女は売れっ子姉さん。アルバイト時給じゃない売り上げで生きてるお姉さん。

自分の指名客が来なければ売り上げはない。給料はでないのだ。

保証はない。

だけどご指名のお客さまがたくさん来れば売り上げに応じて給料は多くなる。

 
 

決して可愛くない姉さんご指名でお客さまがたくさん来る。誕生日にはたくさんの胡蝶蘭が届く。

 
 

・・・・
なぜだ??
ブスなのに ❗️  ←失礼💦

なぜだーー!!

・・・・

 
 

そんな風に思っていたら姉さんがお店の裏でホステスさん達と話しているのをきいた。

 
 

「○○さんわたしと結婚したいとか言い出してさ~わたしと結婚したいなら婿養子になるならOKって言ったのよ!」

「○○さん、マンションくれるって言うんだけどわたしを落としたかったら億ションじゃなきゃいらないっつうの~!」

 
 
 

つ、つ、強気!!
ブスなのに❗️ ←本当に失礼💦

 
 
 

「ねぇ、ねぇ、姉さんなぜあなたはブスなのにそんなに強気なの?」

(鏡よ、鏡、世界で一番美しいのはだあれ?)みたいに読んでね🎵

 
 
 

本気で姉さんに聞いてみたくなった。いや、絶対に聞けないんだけど(笑)

 
 

しばらくして小耳にはさむ。

 
 

姉さんは実家が農家で女兄弟しかいないそう。継ぐ人がいないのが心残りだと。今も両親と仲が良くて両親の話や自分の子どもの頃の話を良くするんだって。

 

それを聞いて、なんとなくわかった。

 

水商売をやっている人は家族に内緒でやっている人が多い。もしくは、もともと疎遠な感じの人が多い。生い立ちが複雑とかね。

水商売をやっていることを親が知っていてそして関係が良好ということは珍しかった。

 

なるほどなぁ~!

 

姉さんは小さい頃から親に子どもの頃家族に可愛い、可愛い、と言われて育ったのだろうなぁ。

お前はいい子だよ、大丈夫と言われて育ったのだろうなぁ。

だから、きっと

姉さんは自分をブスだなんて思ってないんだ!それどころか自分はイケてると思っているのだ!

 
 

姉さんの中には、確固たる

【わたしは愛される資格がある!】

という強さが感じられた。

 

これが彼女の自己肯定感の高さ。

 

この強さに、男は惹かれてやってくる。この強さを、男はもらいたくてお金を遣う。この強さに、触れているだけで気持ちが揚がるのだ。この女にすごいと言ってもらいたくて頑張るのだ。

 
 
 

そう、それがあげまんと言われる女。

 
 
 
 
 
 

わかるだろうか?

だから姉さんに銀座の一流のお金持ちの男たちが会いに来るのだ。落としにくるのだ。

 
 

こういう女は顔はイマイチでも肌艶がいい。肉付きがいい。パワフルなオーラがある。そしておおらか。

 
 

逆に美人だけど売れない姉さんがいた…それは、なぜか!

続きはまた今度!

 
 
 

ご予約、お問い合わせ簡単!増えていてうれし

よしこ直通ライン@こちら♪

The following two tabs change content below.
よしこ
★自己紹介★ 【元銀座ホステス算命学鑑定師】 夫は年収4倍upのあげ妻3児の母。 胃ガンサバイバー。 ホステス時代に様々な男と女の姿を見る。 裏方、スカウトと夜の仕事を網羅。 実生活ではダメンズ男と付き合う ドラマやまとなでしこで『美人でも女のピークは27歳』 というセリフで夜の世界を引退。 27歳で結婚。 出産、流産を経て、大人ぜんそく、膣に下垂。 否応なしにからだと向かい合い。 よもぎ蒸しと和みのヨーガで復活!体質改善! 胃がんで覚醒体験。 そこから算命学鑑定で自分の使命を開花させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です